犬のイメージが180度変わる!!犬の愛情表現9連発!!

2018年4月21日

犬の愛情表現

犬は小型から大型まで
多種多様な生き物です。

わんわん吠えるので
怖いイメージがついてる人も
いるかもしれません。

しかし、ただ吠えるだけが犬じゃない!!

甘える可愛いワンコだっているんです!!

そこで今回は
見た人が思わずうっとりしてしまう
犬の愛情表現をまとめてみました。

それではごゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

飼い主の口をペロペロ舐めまわす!

犬の愛情表現のひとつに
飼い主の口や頬周りを舐めまわす事が
挙げられます。

とくに口元を舐めてくる犬は
飼い主の事が好きで好きで
たまらないんですって!!

前足を乗せておねだりしてくる

犬が前足を相手の体にのせてくる。
または前足をちょいちょい出してくる。

これはかまって欲しくて
自分に関心を向かせるためにやる
愛情表現のひとつのようです。

これは子供のときに母犬から
母乳をねだる動作の名残から
きているそうですよ!

笑顔で微笑みかけてくる

犬だって笑うんです!

この笑顔は表情どおり
楽しい、嬉しいの感情が含まれており

遊ぶときに見せる
犬の愛情表現のひとつのようです。

笑顔の犬におねだりされたら
飼い主は最高に嬉しいだろうなぁ(笑)

すりすりしてくる

飼い主に近づいてスリスリしてくるのは
甘えたいときや安心したいときにする
愛情表現の一つです。

ボスの近くで安心感を得ようとするので
普段から信頼されている証のようですね。

仰向けになっておなかを見せてくる

動物の大事なところを
無防備にさらけ出すのですから
相当の信頼関係が築かれている証です。

母犬に甘えるときも
同じような態度をとることから
愛情表現のひとつに挙げられるようです。

尻尾をフリフリしてくる

飼い主のお出迎えに定番の尻尾フリ!

尻尾をフリフリして嬉しさアピールの
分かりやすい愛情表現です!

こんなに歓迎されたら
帰ってくるのが楽しみになりますね!

犬が大切にしている物を持ってくる

自分が大切にしているもの
飼い主さんの前に持ってくることがあります。

これは自分の大切なものを共有することから
あなたも私の大切な人という
愛情が含まれています。

また、飼い主が落ち込んだときに
大切なものを持ってきた場合
元気を出してねというメッセージも
込められているようです。

犬の愛情表現ってすごいですよね!

飼い主の心境を読み取って行動をする

飼い主が悲しい思いをしてたり
落ち込んでたりしてると
近くに寄り添ってくれる。

また飼い主が泣いてたりすると
涙を舐めてくれる犬もいます。

犬は感情を読み取って行動するんですねぇ。

犬って深いなぁって思いました。

ケンカの仲裁に入る!!

犬は群れで生活する生き物です。

群れで生きるということは
その中で争いが起きてしまうと
自分の生活も脅かされる事になるからです。

そのため、なんとか仲裁に入ろうとします。

怒鳴ってる口元を舐めたり、
争いの間に割って入って止めようとしたり、
オロオロしたり…。

可愛い愛犬に仲裁に入ってこられたら
即座に争いが収束してくれると
周りとしてはありがたいですよね。

スポンサーリンク