柴犬の値段は毛色(赤、黒、胡麻、白)で違いはある!?豆柴の価格が高いのはなぜ!?フィラリア検査費用の相場からブリーダー販売の悪い事例などを徹底解説!!

2018年4月21日

日本の犬と言えば!?柴犬が真っ先に思い浮かびますよね。

小型犬ブームにより柴犬の注目度も高く
飼ってる人も多いと思います。

このページでは柴犬の値段や価格に関することを
徹底的に網羅しております。

目次を作ってあるので必要な情報があれば
そこに飛んで参考にしてもらえればと思います。

それではごゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

一般的な柴犬の子犬の相場について

まずは一般的な柴犬の子犬の相場を
以下の表にまとめたのでご覧ください。

一般的な柴犬の子犬の相場
柴犬 子犬 安値 10万円~
柴犬 子犬 平均価格 17万円~
柴犬 里親 価格 1万円~

柴犬は毛色によって値段の違いはあるの?レアな色は価格が張る?

柴犬-毛色-赤-値段-価格

柴犬のイメージと言えば赤色(見た目は茶色)の毛色だと思います。

この毛色がスタンダードであり流通量も多く
値段はピンキリですが
10万円~18万円くらいで取引されるようです。

柴犬は赤だけじゃない!黒や胡麻も存在する!お値段は?

柴犬-黒-胡麻-値段-価格

さて柴犬の毛色は赤色だけではありません。

黒柴と胡麻柴(黒、赤、白が混ざった毛)が存在します。

しかしこれらの色はレアカラーであり価格が張ります。

ペット用でも18万円くらいします。
ショー向けの犬だと20万円~40万円くらいは普通にします。

白柴って存在するの!?値段や価格はおいくら!?

白い柴犬-値段や価格について

さて赤、黒、胡麻と見てきましたが
唯一、白色が非公認で存在しております。

非常にレアですが認められてないので
ショー向けでの販売ではなくペット用として販売されている事が多いようです。

気おつけなければならないのが
非公認なのにショー向けの犬並みの法外な価格で
取引しようとするブリーダーもいるので注意したいところです。

ペット用販売でだいたい赤柴の値段と同じくらいだと思ったほうがいいですね。
10万円~18万円ぐらいが妥当でしょう。

豆柴の値段は?でも本来はそのような犬種は存在しないんでしょ?

柴犬を探している人の中に豆柴を欲しい人がいると思います。

でも値段を見て唖然としませんでしたか?

取引価格を見ていると
30万円~50万円くらいで取引されていました。
安くても20万円弱ですね。

しかし豆柴ってJKCでは非公認犬種なんですよ。

説明が長くなるので豆柴の非公認の理由が知りたい人は
以下の記事をご覧ください。

豆柴は非公認犬種!?豆柴被害にご注意ください

柴犬と同じくらい大きくなるリスクもあるのに
ただ小さいってだけでこんなに高いのはどうなんでしょうねぇ…。

柴犬の子犬は季節ごとに値段の違いが出るってマジ?

柴犬-季節によって値段や価格に違いがでる

柴犬は季節ごとに値段の違いが出るって知ってますか?

3月~5月は価格上昇時期で
11月~2月が価格が落ち着く時期になります。

これは子犬を産む時期に影響を受けるからです。

柴犬の発情する時期は6月~8月にかけてあり
その後60日ぐらいで出産する事になります。

そのため11月~2月ぐらいが価格が落ち着く傾向にあり
3月~5月は子犬が少なくなるので価格が上がる傾向にあるようです。

柴犬が高騰している理由は何!?

昔と比べて柴犬の値段が高い!!
昔は5万円くらいで飼えたのに!
と思ってる人に向けて

なぜ柴犬が高騰し始めたのか?理由を解説します。

昨今では豆柴を旅番組のマスコットキャラクターに起用したり
メディア露出によって認知度が上がってきてます。

日本人はメディアの影響を受けやすく
小型犬のブームに乗って需要がすこぶる上がってます。

その事から以前と比べて値段が高くなってきているのです。

またネットの普及によりレアカラーの需要や
豆柴の需要のもあり以前より柴犬の価格が上がってきているようです。

柴犬がどうしても買いたい!!どうすればいい!?

近所で柴犬を扱っている販売店やブリーダーを探しましょう。

2017年JKCの柴犬の登録件数は11829頭で
ランキングでは5位(133位中)とトップクラスの飼育件数です。

なので子犬が見つからないという事はないでしょう。

もし近所に子犬を販売しているショップやブリーダーが無い場合は
ネットで販売しているサイトを探してみましょう。

しかしネットで販売しているからと言って
遠くから気軽に購入できるわけではありません。

動物愛護管理法が改正され対面説明義務が必要となり
購入者が説明を受ける義務が発生しました。

そのためお店に足を運び説明を受けなくてはなりません。

近所に柴犬の子犬を販売してくれるお店がない場合は
遠くまで足を運ぶ事を念頭に入れておきましょう。

(※ショップによっては専門スタッフが有料でお伺いして商談成立するケースもあるようです)

柴犬のブリーダーだからと言って安心してはダメ!抱き合わせ商法でボラれる事もあるぞ!

柴犬-ブリーダー販売-注意点-詐欺-抱き合わせ商法

ブリーダーの中には人気の犬種だからといって
繁殖しまくった挙句に犬の取引の時に
自身のスポンサーのエサやフィラリア予防薬を何か月分もまとめて売る事で
利益を得ようとする所があるようです。

飼い主側がエサや予防薬は自分で病院に行って用意するからと断って
そのまま終わってくれればいいのですが

ブリーダー側が引き下がらずに買わせるように
営業トークで畳み掛けるケースがあるようです。

なのでブリーダーだから安心!と思わずに
きちんと飼育環境やブリーダーの質を
飼い主側で見極めないといけません。

人気の犬種であればあるほど
このようなトラブルに発展するケースもあるので注意してくださいね。

柴犬をフィラリア検査や予防の費用ってどのくらいかかるの?

犬を飼う時に気になるのがフィラリアではないでしょうか。

感染すると死亡する場合もあるようですし
人にも感染する可能性もあるので気をつけたいですよね。

柴犬の場合の検査費用は
2000円~3000円

フィラリア予防薬は7~8ヶ月服用するので
大まかな目安は
5000~7000円くらい見ておいたほうがよいでしょう。

合計であらわすと
10000円~15000円が目安です。

病院によって検査方法も違いますし予防薬も
錠剤からおやつタイプなどもあり価格も違うので
お近くの病院に問い合わせたほうがいいと思います。

ちなみに予防せずにフィラリアに感染してしまって
犬が入院した事例ですが
1ヶ月の入院費が20万円くらいかかったようです…。

柴犬を安く手に入れる方法について

柴犬-安い値段-価格-里親-成犬

柴犬を飼う場合、
ブリーダーやショップから買うのが一般的だと思いますが
それだと20万円~30万円くらい費用がかかります。

いい値段しますよね?

ですが里親になる事で
柴犬を安く手に入れる事ができるんです。

里親は成犬だけじゃありません。
諸事情で子犬の貰い手を捜している人もいるようです。

なので柴犬が欲しいけど
お値段がちょっと高いなぁと思う人は
里親になって家族として迎え入れてはどうでしょうか。

里親になる方法ですが
里親募集のサイトを利用するか
お近くの保健所に行って里親を募集してないか聞いてみましょう。

生後の日数が経った子犬を探せば安くなるかも?

子犬にこだわらないのであれば
ある程度育った柴犬を探してみてはどうでしょう?

この場合、平均価格よりは安くなる傾向にあるようです。

例えば黒柴の2歳の犬だと4万円くらいに価格が落ち込むようです。

黒柴はレアカラーで高いはずだけど
やはり年齢による需要が落ち込むと価格が下がるんですね。

柴犬の性格や特徴について

柴犬-性格-特徴-まとめ

以下の記事では
柴犬の歴史や性格、
毛の色の特徴について解説しています。

興味があればこちらもご覧ください。

日本犬で最も多く飼われている柴犬の性格や特徴をまとめてみた

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

柴犬の値段について参考になりましたでしょうか?

日本原産の犬の中でもっとも多く飼われている柴犬ですが
もしご縁があって柴犬をお迎えする事になった飼い主様は
我が子のように大切になさってくださいね。

柴犬以外にも小型犬に興味がおありですか?
以下の記事ではカワイイ小型犬に関する情報をまとめています。

かわいい小型犬35種類の性格や特徴

スポンサーリンク